顔の洗い過ぎはニキビ対策には不向き

ニキビが嫌で嫌で悩んでいる男女はとても多いでしょう。 特に顔に出来てしまうと隠しようがありませんね。 だから清潔にしようとして、頻繁に洗顔をする人がいます。

ですがここに落とし穴があります。このページでは過度の 洗顔はニキビ対策には不向きであることの説明をいたしましょう。

一日に何回も洗顔をすることは実のところお肌にはよくないんです。 人間のお肌は皮脂腺から分泌される油脂状をした物質があります。 それがお肌の乾燥を防いでくれて潤いを保ってしっとりとさせてくれます。

だから一日に何回も洗顔をしてしまったら、大切な皮脂がお肌から 奪われることになり一時的に乾燥したお肌になってしまいます。

そして、必要以上の洗顔によって乾燥してしまったお肌は元の お肌に戻ろうとします。そのために皮脂腺から皮脂を分泌させ ますから、より一層脂性のお肌に変化させます。

汚れを落として、余分な顔の表面の脂分を取り除くのが洗顔の 目的ですね。その結果ニキビ菌の繁殖を予防できます。 ですが皮脂の分泌そのものを抑制したりはできません。

脂分が多いと自覚している人は洗顔のみでお肌の改善はできません。 食生活の見直しも意識してください。おとなのお肌は表面に 皮脂が多くあるように見えます。けれども実際はお肌の奥では 水分不足の状態であるケースが多いです。

脂分を除去するために洗顔を一日に何回もすることで、 お肌は反対に皮脂によって脂っぽくなってしまって、一層ニキビ ができやすいお肌になります。

洗顔は朝と夜だけで充分です。逆に夜だけでも良いです。 ライフスタイルによってニキビ対策をしてください。

おとなのお肌に必要な一日二回の洗顔には意味があるので説明 しておきましょう。朝の洗顔は、睡眠中に分泌された余分な 皮脂が酸化してしまう前に洗い流す効果が期待できます。

余分な皮脂を除去すると、睡眠中に失われてしまった水分補給 をする化粧水をお肌に浸透させやすくしてくれます。

夜の洗顔は一日の活動で分泌された汗とか皮脂汚れを落とすことに よって、お肌の炎症を予防します。そして睡眠中のお肌のターン オーバーをサポートしてくれます。一日二回の洗顔を習慣にすると、 ニキビ予防には効果抜群です。

日中にどうしてもテカリとか汚れが気になるならば、乾燥する 原因になる洗顔料は利用せずにぬるま湯のみで洗うのも効果があります。

以上のように過度の洗顔はニキビ対策には不向きであることが ご理解いただけたと思います。一日二回の洗顔をきちんとしておけば ニキビ予防になります。皆様もツルツルしたお肌を目指してキチンと した洗顔を心掛けください。

メニュー

ページの先頭へ