スキンケアとメイクの関係

ニキビができたら、ファンデーションで隠そうとして厚く塗ってしまいがちですが、 毛穴がふさがった状態になり、ニキビにはよくありません。 ですが日々の生活でまったくメイクしないことは難しいもの。 特にお出かけの時などはばっちりメイクしたいですよね。

ファンデーションには、リキッドタイプ、パウダータイプがありますが、 ニキビ肌の方には、パウダータイプがおすすめです。

リキッドタイプは、液体なので肌にやさしいように思いますが、 粉である顔料を液体になじませて乳化剤という界面活性剤を使っています。

これは、残留する可能性が高いし、浸透性が強いので、肌への刺激が強く肌荒れに繋がってしまいます。

パウダータイプは、粉なので界面活性剤や防腐剤もほとんど入っていないので、 お肌への負担が少しですむのです。 そしてなるべく家に帰ったらすぐに洗顔などをしてメイクを落とし、少しでもメイクをしている時間を減らしましょう。

そしてスキンケアでは保湿が大切で、乾燥していは毛穴をふさぎやすい原因になってしまいます。 では、たっぷり化粧水と乳液をつけて保湿すればいいのですが、ここで問題があります。

なんと一般的な化粧水や乳液にも、使用感をよくする為に界面活性剤が多く含まれているのです。 このような界面活性剤が入っている製品ばかり使っていると、化学成分が毛穴の中にまで入っていき、 皮脂、汚れなどと混ざって毛穴が詰まってしまいます。

できるだけ界面活性剤など化学成分の入っていない、お肌にやさしい化粧品を選ぶようにしましょう。

洗顔も、オイリー肌だからといって、洗浄力の高い洗顔料で何度も顔を洗いすぎると、必要な皮脂まで落ちてしまい、 お肌が乾燥してしまいます。

必要以上の洗顔は避け、洗顔料はネットなどでしっかり泡立て、泡で顔を洗うようにやさしく 洗い肌への負担を少なくしましょう。 そしてすすぎも洗い残しがないようしっかり洗い流します。

メニュー

ページの先頭へ