「口周りのニキビ」ができる原因「

「口周りのニキビ」は、大人になるとできやすいアダルトニキビの一種です。
思春期など10代にできやすいニキビは、ホルモンバランスの崩れによって皮脂の分泌が活発化してできやすくなるものです。 しかし、口の周りにできるニキビは、思春期ニキビとは少し原因が違っています。


顔にできるニキビの特徴は、年齢が若いときは顔の上部(おでこ、眉毛の周りなど)にでき、加齢とともに顔の中央部(鼻の先、頬など)、顔の下部(口の周り、あご、首など)へとできる箇所が移動していくことです。

もちろん、ある程度の年齢でもおでこや眉毛の周りにニキビができることはありますが、おおむね上記のような傾向があるとされています。


口の周りにニキビができる原因は、次のようなものと考えられます。 会社や家庭などで精神的なストレスがたまると、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモン(テストステロン)の過剰分泌が成されやすくなります。


このホルモンの分泌により皮脂腺からの過剰な皮脂が出やすくなってニキビの原因となります。 口の周りはヒゲが生えていることでも分かるように、男性ホルモンの影響を受けやすい部分なのでニキビができるのです。 もうひとつ、ホルモンバランスの崩れによって、口周りにニキビができやすい原因があります。

それは、女性の生理(月経)期間に増える女性ホルモン(黄体ホルモン)の影響です。 黄体ホルモンも男性ホルモンと同様に皮脂の分泌を活発化させるため、ニキビができやすい原因となるのです。


口周りにできるニキビの原因としては、胃腸関連の不調も考えられます。
内臓のトラブルがあるとニキビができやすいとはよく耳にする言葉ですが、食べ過ぎや不規則な食生活で胃腸が荒れたり不調になったりするとニキビの原因となります。
特に、脂っこい食事や糖質・炭水化物中心の食事、食べ過ぎには注意が必要です。

メニュー

ページの先頭へ